お知らせ

現在のページは
HOMEの下層の
お知らせの下層の
2017年8月30日 体力測定で考えられることです。

体力測定で考えられること

2017年8月30日

こちらのブログを見られている皆さん、いかがお過ごしでしょうか。



早いもので、8月も終わりますね(=_=)


残暑がまだまだ厳しいですが、体調にお変わりありませんか?




話を変えます。





少し前に7月10日(月)~14日(金)に今年2回目の体力測定を行いました。


結果をいろいろ感じ、 改めて運動をがんばろうと思われた方も多いんじゃないかと感じました。


が、加齢とともに身体活動は低下していきます。


以前にも書きました。





「使えば発達し、使わなければ 衰退する。」の言葉のとおり、


日頃の状況によって個人差が出てきます。


特に、 高齢者の方々はその影響が大きく、


身体活動を積極的に行っていくことが、


体機能の維持向上につながりますので、


記の情報を見ていただき、


と言っても、


パソコンをお持ちの利用者方はこのブログを見ることができないので、


お伝え出来る方はしていただいて、


後の身体活動に役立てていただけたらと思います。



次回、体力測定は10月17日(火)~23日(月)を予定しています。


========================================

・持久性の運動(エアロバイク・プール・歩行)
 心臓、肺、循環器系の機能が改善し、動脈硬化の予防につながります


・筋力づくりの運動(転倒予防体操・マット運動・ジムトレーニング)
 座る、立つ、歩くなど、日常生活動作に必要な筋力を養います


・バランス運動(転倒予防体操、マット運動、プール、ジムトレーニング)
 要介護の主要な原因の
1つである転倒の予防につながります


・柔軟性の運動(ストレッチ、マット運動、プール、ジムトレーニング)
 関節の可動域を向上させ、腰痛や肩こりなどの予防につながります

=================================


最後に・・・


一人一人の生活や環境は異なりますので、必要な体力も異なります。


ご自身の力で、食事をし、トイレに行き、着替えるなどは、


ずっと行いたいですね。


庭木に水をやったり、テレビ番組を選んだり、買い物まで行けるとなると…。


デイサービスでの運動の時間を上手く利用して、時間の長さではなく、


使っている筋肉は、どこなのかを意識しながら運動をしてみてくださいね♪




   体力測定記録表

   体力測定記録表


お問い合わせ受付中!

084-926-2211
【受付時間】月~金曜日:9時~19時30分/土曜日:9時~18時30分
【休館日】日曜・祝日/夏季休業日/年末年始