理学療法士科

理学療法士科 Physical therapist

身体機能の回復・動作能力の獲得によって希望の社会生活実現をサポートする専門家
身体に障害を持った人々に、寝返り、起き上がり、立ち上がりや歩行などの基本動作能力の回復や維持、能力低下の予防を目的として、医師の指示のもと運動療法、物理療法、日常生活動作訓練を行う国家資格者です。単に機能・能力を回復・獲得すればいいのではなく、対象者がどのような社会生活を送りたいのかを見据えたプランを立てなければなりません。一対一でじっくりと向き合う姿勢が大切です。

将来の進路

  • 総合病院・一般病院
  • リハビリテーションセンター
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 老人・障害者(児)福祉施設など
  • 行政機関

学科の特徴

『知識・技術・態度』の3要素を学ぶ

理学療法士は対人援助職です。したがって、理学療法士は対象者に「一人の人」として接する能力が求められます。そのためには、「知識・技術・態度」が必要です。本科では、対象者のより良い生活の実現のため、その3要素を幅広く学び、成長していくことができます。

理学療法士(PT)が必要とされる領域

  • 交通事故・労働災害による障害

    交通事故や労働災害は、手足の切断や骨折、脊髄損傷、頭の外傷など、身体の各部分に大きなダメージをもたらします。こうした外傷は機能障害を残すケースが多く、社会復帰のために理学療法士のサポートが必要とされています。

  • 生活習慣病患者

    三大生活習慣病といわれる脳卒中、心筋梗塞、ガンも、医学の発達に伴って生存率が向上しています。生命を永らえるだけでなく、病気以前と同様の生活に戻るために、理学療法士のサポートが必要とされています。

  • 小児患者

    脳性麻痺、筋ジストロフィーなどの病気によって、精神や運動機能の発達に障害を持つ子どもたち。こうした子どもたちを一人でも多く社会参加できるようにするために、理学療法士のサポートが必要とされています。

  • スポーツ選手

    スキーを楽しんでいる時に、体育の授業中に、あるいはレクリエーションやプロスポーツの最中に、ひざを痛めたり、筋を断裂したりする怪我。そのような怪我後の機能回復にも、理学療法士のサポートが必要とされています。

  • 高齢者

    ひざや腰の疾患、脳血管系の障害、骨粗しょう症、転倒骨折など、高齢者にはさまざまな障害や後遺症が起こります。高齢者自身はもちろん家族にも理学療法士の助けは必要不可欠。入院、通院、在宅など治療の場も多様です。

  • 公的機関その他

    リウマチやパーキンソン病などの難病と闘っている人、高齢化する現代社会の中で、介護を必要としている人など、理学療法士を必要とする現場は多様化しています。そのため、福祉施設や行政機関、在宅介護の場で働く理学療法士が増えています。

授業紹介

  • ●運動療法学実習

    運動療法を実践するために、基礎知識や種々の運動療法の概要からリスク管理までを実習を通して学びます。

  • ●物理療法学実習

    安全で効果的な物理療法を実践するために様々な演習や実践を通じて、身体にどのような影響があるのかを学びます。

  • ●義肢装具学

    義肢装具の基本的知識をベースとして、症例検討・実習・作成過程の見学ならびに作成を通じて、より実践的な知識について学びます。

  • ●ケーススタディ

    対象者の理学療法評価からプログラムの実践まで、一連の理学療法の流れについて少人数グループで学びます。

  • ●スポーツ理学療法学

    スポーツ障害・外傷の病態ならびに発生メカニズムについて理解を深め、スポーツ現場で必要な評価法とリハビリテーションについて学びます。

  • ●理学療法技術論演習

    理学療法の第一線で活躍されている先生や卒業生から、現場で役立つ専門知識や技術を講義および実技を通して学びます。

理学療法士科 Physical therapist

年間スケジュール

理学療法士科 Physical therapist

カリキュラム

  • 1年次

    理学療法士への
    基礎知識の習得

    必修科目
    • 心理学
    • 物理学
    • 生物学
    • 情報処理学
    • 統計学
    • 英語Ⅰ・Ⅱ
    • スタディスキルⅠ・Ⅱ
    • 解剖学Ⅰ・Ⅱ
    • 解剖学演習
    • 生理学Ⅰ・Ⅱ
    • 機能解剖学
    • 病理学概論
    • 臨床心理学
    • リハビリテーション概論
    • 社会保障制度概論
    • 理学療法学概論Ⅰ・Ⅱ
    • 理学療法評価学総論
    • 運動機能評価学実習
    • 運動療法学総論
    • 運動療法学実習
    選択科目
    • 人間関係論Ⅰ・Ⅱ
    • 法学
    • 経済学
    • 生命科学
    • 保健体育学
    • 保健体育学実習
  • 2年次

    理学療法治療学の
    基礎固め

    必修科目
    • 解剖学実習
    • 生理学実習
    • 神経生理学
    • 生化学
    • 運動学
    • 運動学実習
    • 人間発達学
    • 病態生理学
    • 内科学
    • 整形外科学
    • 神経内科学
    • 精神医学
    • 小児科学
    • 公衆衛生学
    • 中枢神経機能評価学実習
    • 内部機能評価学実習
    • 日常生活活動学
    • 日常生活活動学実習
    • 義肢装具学
    • 義肢装具学実習
    • 物理療法学
    • 物理療法学実習
    • 運動器疾患理学療法学Ⅰ
    • 臨床実習Ⅰ
    選択科目
    • 英語Ⅲ・Ⅳ
    臨床実習Ⅰ
    (第2学年実習)

    2年次後期:90時間
    実習指導の先生の指導のもとで理学療法の対象者と話をしたり、検査測定をしたり、理学療法の部分的な介助を行いながら、専門職としての基本的態度を学びます。

  • 3年次

    理学療法士の
    知識・技術の習得

    必修科目
    • リハビリテーション医学
    • 医学検査法
    • 臨床運動学
    • クリニカルリーズニング
    • 理学療法評価学演習
    • 運動器疾患理学療法学実習Ⅰ
    • 運動器疾患理学療法学Ⅱ
    • 運動器疾患理学療法学実習Ⅱ
    • 脳血管疾患理学療法学
    • 脳血管疾患理学療法学実習
    • 神経・筋疾患理学療法学
    • 神経・筋疾患理学療法学実習
    • 小児理学療法学
    • 循環器疾患理学療法学
    • 循環器疾患理学療法学実習
    • 呼吸・代謝疾患理学療法学
    • 呼吸・代謝疾患理学療法学実習
    • ケーススタディ
    • 地域理学療法学
    • 地域理学療法学実習
    • 生活環境論
    • 福祉用具論
    • 臨床実習Ⅱ
    選択科目
    • スポーツ生理学
    • 障害者スポーツ論
    • スポーツ理学療法学
    • 英語Ⅴ
    臨床実習Ⅱ
    (臨床実習第1期)

    3年次後期:270時間
    担当の症例について情報収集や検査測定を行い、結果を評価としてまとめ、計画を立てて実行します。実習開始前に実習指導の先生と相談しながら実習の目標を決めます。

  • 4年次

    即戦力となるための
    実践力の養成

    必修科目
    • チームアプローチ論
    • 理学療法管理学
    • 理学療法学研究
    • 理学療法セミナーⅠ・Ⅱ
    • 臨床実習Ⅲ・Ⅳ
    • 臨床実習セミナー
    選択科目
    • 健康増進
    • 癌の理学療法
    • 理学療法技術論演習
    卒業研究発表会

    4年間学習する中で興味を持ったテーマについて、2~3名のグループで研究を進め、後輩・教員・保護者の前で学会形式で発表します。

    臨床実習Ⅲ・Ⅳ
    (臨床実習第2・3期)

    4年次前期:720時間
    第1期からの課題を解決しながら、計画に従って基本的な理学療法を実施し、担当の症例について記録、報告、再評価しながら治療プログラムを変更できる力を養います。

1年前期時間割例

 
19:00~10:30 法学 TH
(チュートリアルアワー)
理学療法学概論Ⅰ 経済学 スタディスキルI
210:40~12:10 生物学 生理学I 心理学   社会保障制度論
313:00~14:30 理学療法評価学総論 解剖学I 英語I 保健体育学 英語I
414:40~16:10 解剖学演習 解剖学II
~17:05) 
人間関係論 情報処理学 TH
(チュートリアルアワー) 
516:20~17:50 運動療法学総論      
   
 この時間を使って、いろいろな科目の補習をしたり、職業に対する理解を深めます。

理学療法士科 Physical therapist

卒業生からのメッセージ

人の人生に関わる重責を胸に
出会いに感謝しながら前に進む

金崎 純子
勤務先/社会医療法人
明和会 医療福祉センター
ウェルフェア北園渡辺病院
理学療法士科1999年卒業
鳥取県立鳥取東高等学校出身

一人でできる支援は限られていて、周囲と上手く連携してこそ良い仕事につながり、少し難しいことにも挑戦しようと思えます。患者さんや家族の前向きな姿や、患者さんのために懸命に取り組むスタッフの姿を見ると、この仕事に就いて多くの人と出会えた喜びを実感します。患者さんが自身の環境の中でその人らしく生きていくために、理学療法士という側面だけでなく他職種や他資源との関わりも大事にしながら、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。

深く理解するから、支えられる
何事も学びにつなげて成長を

篠田 亮平
勤務先/医療法人社団 昌平会
大山リハビリテーション病院
理学療法士科2016年卒業
鳥取県立境高等学校出身

理学療法士は患者さまと接する時間が長く、身体的にも精神的にも相手をより理解する必要があります。だからこそ、より支えになることができると実感しています。落ち込んでいた患者さまが笑顔で退院された時や身体機能が改善したのをご家族が喜んでいる姿を見る時が、この仕事を選んで本当に良かったと感じられる瞬間。資格を取って終わりではなく、理学療法士になって学ぶことがたくさんあります。どんなことからでも学び取る姿勢を忘れず頑張ってください。